らなる堂

音楽

RTA風呂

脱衣・着衣も含めると現在の記録は15分です。

 

Spotifyですすめられた音楽を一通り試し、趣味(?)の幅を広げようとしております。

いいものもあるし、わるいものもある(YMO

 


Omni "Southbound Station" (Official Video)

ストパンク最高。最近のバンドですが。ギタリストが"Monomania"期のDeerhunterに所属されてた方のようです。不遜なボーカルもいいです。どの曲も3分前後で終わってしまうものばかりで緊張感にあふれてます。でもTelevisionよりも人懐っこい感じがある。

アルバムジャケットのモダンなデザインもいいです。

 

 


Ulrika Spacek - Wave to Paulo, he's not there (Live Session)

一時期は作曲のマネゴトをしてたので、今でも自分の中になんとなくこんな曲作りたいなーというイメージが漠然とあるのですが、そのイメージそのもののような音楽です。

ローファイなミックス、サイケ感と優しさを織り交ぜたようなコードの組み立て方、ほどよいBPMなどなど、自分が聞きたかった音楽のイメージのまんますぎて、聞いた直後はなんかショックでした。

この曲は一番最近のEPに収録されており、それまではもっとクラウトロック寄りの音楽をやってたみたいなんで、彼らに取っては割と新機軸なんだと思いますが、この軸でフルアルバムも聞きたいです。そうすれば僕もようやく音楽諦められそうです。

 

 


Chris Cohen - Torrey Pine

声の感じとか宅録ミュージシャンであるという情報から、彼の容姿を勝手に予想してたんですけど、こんなアク抜きしたモリッシーみたいな人だとは思いませんでした(関係各所に謝罪します。すみません。) 

原曲とそんなイメージの変わらない歌声で安心します。ライブだと起伏がはっきりとしててこれはこれでいいです。SGが似合いますね。指弾きなのがえらい。

 

 


THE CLIENTELE, "REFLECTIONS AFTER JANE" // Live for Bandwidth.fm

シンラインほしいなあ...。このバンドについてはまだまだ開拓中です。セルフプロデュースだった1stから2ndアルバムのまどろんだ雰囲気が好きで、もっとカラフルになった3rd以降はまだそんなに聞き込んでないんですが、わたくしにとってハズレ曲のない信頼できるバンドの一つとなりました。リバーブのかかり方がよいです。Feltととも比較されておりますが、1stから2ndアルバムではFeltよりもリバーブが強調されてますし、3rdアルバムからはルイ・フィリップ先生も参加し、ソフトロックのような人懐っこい音楽性になっているようです(Feltも割と後期は人懐っこい感じが出てましたけどローレンスの存在感が大きすぎんですよね)。あとビートルズ愛の強さも伺える曲もいくつかあって良いです。CDほしい。

 

 


Ovall - Dark Gold (Live at origami SAI 2019)

偉大です。割と人力ヒップホップみたいなくくりをされてて、本人たちもそれを意識しつつノンジャンル感を出していたような印象でしたが、本作では純粋に自分たちのやりたい曲を作った素直さがあり("Come Together"の仮タイトルが"Thundercat"だったという話に顕著に現れてる気がします)、それがまたこのバンドの奇々怪界さを逆に推し進めているという印象です。奇々怪界とか書いちゃいましたけどポジティブな曲ばかりで("Paranoia"はちょっと違うかな?)楽しいです。これまでは割とmabanua先生の凶悪なドラムばかりに耳が行きがちでしたが、本作は関口シンゴ先生の多才さに改めて気づかされました。この主張の少なさはまさにプロです。

余談:関口シンゴ先生がYoutubeにギター教育動画をあげてらっしゃるのでたまに見ております。非常に勉強になります。先生を見習って逆アングルピッキングに挑戦中ですが難しい。コートストロークとかどうやってやってんねん...

 

 


The Wrens - Hopeless (Live at Haldern Pop 2006)

このバンドについては素性・経歴もよくわかんないしなんならこの一曲しか聞いてないです...。でもいい曲なんでみなさんも聞いてください(強要)

俺は持ってる(白目)

追い込みです。

昨日は20時には全部完成させて9時間ぐっすり眠る予定だったんですが、パソコンくんがやらかしてくれたおかげで1日のがんばりが全部パーになり睡眠時間0時間という事態になりました。いや〜今日寝てないわ〜マジで全然寝てないわ〜〜(瀕死)

 

tricotの新作最高です。相変わらずドラムがおかしいです。すごい。


tricot「あふれる」Music Video

平常心って何ですか

発表会終了。ひとつ峠を越しました。正直何話してるのか途中でわからなくなり口が勝手に動いてるみたいな感じでしたし、時間を2分オーバーするなどエラーが発生しまくってましたが、いつも人間のフリして生きている割りには頑張った方だと思います。

外出てないのにしもやけができてんのはやっぱおかしいですよね。

 


シャムキャッツ - AFTER HOURS

帰り道に聞いて沁みました。ぼんやりした空の日に合います。これもすでに六年前の曲かあ。

正露丸ハンド

腹の調子が悪いんです。偶然使用期限が六年前でとっくに切れてる正露丸を発掘して3つ右手にとって飲みました。

10時間前の出来事ですがいまだに右手から正露丸の匂いがします。

 

以上です。

 

 


On a Carousel (Live at Lewisham Odeon)

ドラムがすごい。脱・60年代の先駆だったのかもしれない。

Yo La Tengo - Ohm


Yo La Tengo - "Ohm" OFFICIAL VIDEO

 

Sometimes the bad guys come out on top
Sometimes the good guys lose
We try not to lose our hearts, not to lose our minds

Sometimes the bad days maintain their grip
Sometimes the good days fade
But the rain today hurts the head to dream

But nothing ever stays the same
Nothing's explained
The higher we go, the longer we fly

'Cause this is it for all we know
So say goodnight to me
And lose no more time, no time
Resisting the flow

I heard you calling from far away
I thought I heard you cry
Hadn't the voice to make it right
So I just cry

I felt you slipping, slipping away
Before I could even see
Tried once more, lost my grip, you were gone

But nothing ever stays the same
Nothing's explained
The longer it takes, the looser the ties

'Cause this is it for all we know
So say goodnight to me
And lose no more time, no time
Resisting the flow

Doo doo doo doo doo doo
Doo doo doo dood doo
Doo doo doo doo doo doo doo doo doo

But nothing ever stays the same
Nothing's explained
The stronger the wind, the faster we'll fly

'Cause this is it for all we know
So say goodnight to me
And lose no more time
No time

Resisting the flow

 

時には悪いヤツが頂点に立ち

時には良い人たちが負ける

僕たちは心が折れないように努める、正気を失わないようにする

 

時には悪い日ばかり続く

時には良い日が遠ざかっていく

でも今日の雨が夢見る頭に打ちつけるんだ

 

だけど変わらないことなんてどこにもない

説明できることなんて何もない

僕たちは進むほどに長く飛んでいける

 

なぜならこれが僕たちが知ってる全てだから

おやすみを言ってほしい

今すぐに、急いで

流れに逆らうんだ

 

君の呼び声が遠くから聞こえる

僕には泣いてるように聞こえたよ

僕を導くその声がなかったのなら

だから僕も泣くんだ

 

君が僕の元を去るのを感じたよ

僕が会おうとしたよりも早く

もう一度やり直した、僕は手を離してしまった、君は行ってしまった

 

だけど変わらないことなんてどこにもない

説明できることなんて何もない

時間がかかるほどに、その結びつきは弱くなる

 

なぜってこれが僕たちが知ってる全てだから

だからおやすみを言ってほしい

今すぐに、急いで

流れに逆らうんだ

 

だけど変わらないことなんてどこにもない

説明できることなんて何もない

風が強いほど、僕たちは速く飛べるから

 

なぜならこれが僕たちが知ってる全てだから

おやすみを言ってほしい

今すぐに、急いで

 

流れに逆らうんだ

 

 

 

電気抵抗の精神です。

明日も生きていくしかないというわけですね...

PVは良いオチだと思います。どちらも重要な側面。

ライブ版もぜひ。


Yo La Tengo - Ohm (Live on KEXP)

こちとら1日50アクセスあればバズったようなもんなんじゃいコラ

なんだかよくわかんないけど明けましておめでとうございます。

新年からセルフ自宅軟禁中の身です。遊びに行きたい。つらい。部屋に掃除機すらかけてない。髪も伸び放題。左手のしもやけがひどい。

 

この時間(午前2:30)まで作業してると榎本俊二先生が盛んにツイッター更新してうれしい。先生も頑張って仕事されとるんやなあ...

こないだ先生がカメラ・オブスキュラ聞いてることが発覚して嬉しかったです。

 


Camera Obscura - The Sweetest Thing (Official Video)

 

 

だいたい午前3:00を回ったあたりで思考能力が低下して肩こりがひどくなってきます。

いやーちゃんと早くから行動しないからこんな毎晩毎晩徹夜をかます羽目になるんですけど、やる気が全然でなくてねーもうねー。締め切り今日なのに進捗3割も行ってない。

4、5年前はこういう事態にならないようにめっちゃ早くから行動を始めてたんですけど、今じゃもう全然できない。まあーあの頃はあの頃で強迫観念がひどかったわけだし、全てを肯定できるわけじゃないんですけど。

まあーだからって今のこのグタグタ具合も肯定できませんよ。極端なのよね。

...極端というと"伝染るんです"のヤクルト2リットル入りペットボトルか"もやしもん"の結城蛍が思い浮かぶわけなんですけどどうでもいいですね。もやしもんは月並みですけど4巻が結構好きですね。能力を失った沢木に対する周りの人々の動きが面白い。美里&川浜の行動が感動的だった。再会した蛍との会話もよかった。自己を確立する何かが大きく変わるor失うことになったら自分は自分として認められるのか...そんな深いテーマがさりげなく練りこまれているようでもあります。

それにしてもガムとコーヒーのマリアージュは最悪ですね。なんか安い冷凍シュウマイみたいな香りが口いっぱいに広がっております。

 

ちゃんと寝たいです...

今年を振り返る(映画編)その3

ターミネーター ニュー・フェイト

なんか知らんが俺が大っ嫌いな男がこき下ろしとったのでベタ誉めしたいと思います。

そりゃね、4人もいてなんでとっとことっちめられないんだというメタ的というか大人げない見方もできますよ。でもそんな選ばれた人間が色んな思いを抱えて理不尽な機械人形に挑んでいくのがシリーズの醍醐味なわけだし、時間すらも超えてその思いが受け継がれていくという強さが我々に希望を抱かせるわけです。シュワちゃんとは再び共闘するわけですが、その背景や関係性は大きく異なっており、2の焼き増しにはなってなかったと思います。

アクションシーンは血気迫ったものでしたし、新たなターミネーターT-800T-1000の組み合わせのような趣向で新しいのに懐かしいという不思議な感覚でした。強いていうなら最初のシーン以外は絶望感があんまりなかったことでしょうかね。チラッと出てきた多脚型の奴の方が絶望感がすごかった。でもあんまり絶望感を出そうとすると4みたいなスーパーロボット大戦になっちゃうわけだしなあ。そう行った意味ではシリーズの原点をしっかり見据えてたんじゃないでしょうか。

あれ?あんまりベタ誉めになってないや。まあいいか(適当)

 

◯グッド・ウィル・ハンティング

自分の持つ能力によって導かれるであろう未来と、自分が望む未来のズレ。えらい数学者の先生は価値観の修正によってウィルの能力の埋没を防ごうとしますが、心理学者の先生はウィルが本当にやりたいことを選ばせることを望みます。最初はウィルが世の中のことを知らないが故に友人たちとの狭い世界に固執してるのかと思いましたが、ウイルほどの人物が「世の中のことを知らない」なんてことないはずなので、そこで自己肯定感の欠如という問題が浮かび上がってくるわけなんですね(今わかった)。

"一見どこにでもいそうな人間が突出した能力を持っている"というストーリー構造を(ネタとして扱うか扱わざるかに関わらず)もはや何もかもが「なろう」というジャンルとして形容されてしまう世の中に嫌気がさしておりますが、物語として本来注目すべきなのは能力がどれだけ凄いか・その能力によって世界がどう変わるかというよりも、その能力に対して自分・他人・社会はどのように感じ、どう向き合い、変遷していくのか/していくべきかを考え描写すべきなのではないでしょうか(個人の好みがだいぶはいってますけど)。能力故に他人に虐げられ、それを理由に復讐に走る...おわり。なんてのはあまりにもあまりにもなんです。まあ僕が「なろう」を忌避する理由はもっと他のことにあるんですけどね(暗黒微笑)

...そんなことはどうでもいいわけで、ウィルが自分の為すべきことを見つけていく過程だけでなく、微妙な間柄の先生たちのやりとりや、いい奴しかいない友人たちとの模様などポジティブさに溢れた映画です。朝焼けに包まれる電車のシーン、エリオット・スミスの歌の美しさは言語化不可能。

 

◯ドント・ウォーリー

しょっぱなから「うおおおおキム・ゴードン姐さんが出てる!!!」と大興奮でしたが、話してた内容が現実にあったことと酷似してて泣いた。筋としてはアル中で下半身不随となったホアキン・フェニックスが風刺画によって自分を再建していく話ですが、時系列がバラバラに描かれているのが面白い。事故によってめちゃくちゃになった自分をユニークな人々の支えを受けながら赦し、その次に自分にとって許せないはずの人たちを赦していく。こちらもポジティブさに溢れた映画でした。

ホアキン・フェニックスが好きなんで楽しく見れましたけど、このご時世にあの風刺画の内容はどうなんでしょうねえ...という点でもやもやしました。

John Callahanが批判を浴びていたシーンはあるし、当時からすでに誰もが受け入れやすいものではなかったことは描写されてましたし、何よりJohn Callahan自身が障害を追っているからこそ描けたということもあるんでしょうけど、より表現の仕方に注意が必要となった現在においては、彼の風刺画に対しどのような向き合い方をすべきかということも添えてほしかったと思ってます。

 

エレファントも見ようかな...でも見終わった後ウツになりそうなんだよな...

 

ベルリン・天使の詩

僕もずっと運命の人待ってるんですけど(半ギレ) 打ちひしがれた人々が多く登場しますが、ベルリンの壁に描かれた素晴らしい落書きやライブ会場で流れてる荒涼そのものといったポストパンクに強い生命力を感じました。ニック・ケイブかっけえ。

長く天使でいればいるほど人間になりたいと思うようになるんですかねえ。人間は思ったよりも薄汚れてますよ。刑事コロンボとのコーヒー屋台との会話がすき。

 

◯グリズリーマン

動物や自然を背景にして「俺ってこんなすごいんだ」とアピールしまくる故ティモシー氏の姿は見てて痛々しい。自然動物には表情というものがないので我々人間は勝手に自分の都合のいいように動物の機嫌を「解釈」しがちなのですが、悪しき動物アテレコ番組のごとくそうした「解釈」を連発する故ティモシー氏。クマに取り憑かれたというにはあまりにも俗世への未練タラタラなのがまた痛ましいところでありました。自慢げにカメラに語りかける映像は苦痛でした(自分にも色々と思い当たる節があるだけに)。ギャグであったなら救いがあったでしょう。彼は大真面目なのです。あんまり辛すぎて「なんか昔こういうサングラスかけた面長のおっさんのインタビュー映像あったななんやったけあっ、デイヴィット・リー・ロスや、あとで見よ」という思考逃避すら始まってしまうザマでした。

そんなダメ人間の友人だった方々の証言がただただ切ない。(彼女たちの目に映る故ティモシー氏の姿はもはや人間ではなく愛玩動物のようなものだったとしても)あんなダメ人間を理解しようとする人間の心ってなんなんでしょう。あと解剖医の先生の話が面白かったです。

音楽にジム・オルーク先生が参加しとった! あの美しい音楽をもう一度聴きたいけど、Spotifyにサントラはないし、だからってそのためにもう一回故ティモシー氏の自分語りとかクマのウンコぶりぶりシーンとか見たくないしなあ

 

インヒアレント・ヴァイス

PTA3つめ。煙に巻かれるような展開をただ純粋に楽しめばいいんでしょうけど、あんまり受け身体勢で映画を見たくないという謎のプライドがあるんで、映画鑑賞後にピンチョンによる原作も読んで構造を理解しようとしました。

......よくわかりませんでした。

いや、ピンチョン自身がわざと全てわからないようにはぐらかしている=本当の敵は誰だか明確にわからないようにしていることが重要なんだと思います(言い訳)。ただ少なくとも Inherent Vice が一体何を指しているのかという点については映画以上に複雑です。特に最後のラリーとソンチョの重要そうな会話がわからん。

小説だと当時の世相なりヒッピー文化なりについてをその場その場で調べるくらいの気合いがいりますが(一番新しい翻訳本だと後ろに詳しい解説がついてるので安心)映画ならチャールズ・マンソンくらい知っとけばなんとかなるんじゃないんでしょうか。

この映画も好きなシーンが多いんですけど


Inherent Vice - Panekeku

シーンのほとんどが原作通りという凄み。あの場面をここで持ってくるのか!というシーンもありました(ネタバレ反転:名場面としか言いようのないラリーとビッグフットが一語一句違わず同時に謝罪するシーンは原作だと中盤にあります)。PTAすげえ。映画化にあたってカットした場面というのは非常に多いわけなんですが、全部やろうとしたらあきらかに冗長なラリーのトリップ描写とかやんなきゃいけないからね、しょうがないね。

映画と小説、比べてみて思ったのが、映画ではラリーが一人でいるシーンがほとんどないのですね。ほぼ常に誰かと行動し、誰かと会話している。ラリーを巡る個性豊かな人物たちとの関係性(特にビックフットとの関係性の変化は映画の方がいい意味で劇的です)が中心に描かれているように感じる。それはラリーが探偵を生業としていることもあるんでしょうし...あとはなんだろう...わかんないや...もう一回見なきゃ...

映画である程度話の筋がわかっていると小説も読みやすいと思います。そもそもインヒアレント・ヴァイスがピンチョンの中ではかなり読みやすいという話ですし。ただ、登場人物の中に「ホアキン」という名前の男が出てくるので混同しないように注意(ちょい役なんで間違えないと思いますけど)。あとジョニグリの音楽最高(定型文)。

 

スター・ウォーズ エピソード9

今年の目標は「スター・ウォーズに人一倍思い入れのある友人との会話でネタ切れしたらすぐエピソード8の話を振るクセを治す」でした。

エピソード9は少なくとも傷だらけになったシリーズの治癒/回復/救済にはなったと思います。カイロ・レンのマスクが序盤で修復されるのも前作で砕かれたスター・ウォーズの物語を「回復する」という意味合いが込められているそうです(大嘘)

純粋なファンほどその舗装具合に落胆するかもしれません。しかし僕は舗装した痕跡を探し当てては舗装の仕方にケチをつけたり舗装をひっぺがしてゲラゲラ笑う悪ガキです。とりわけ「大人の事情」「尺の事情」というようなメタ的な舗装は大好物です。そういう穿った目線が入ったこともあるんでしょうけど普通に楽しめましたし、エピソード8のようなキャラクターを踏みつけにして雑に殺すようなマネもなかったのでしばらくはダークサイドに墜ちずに済みそうです。

一応ネタバレ反転:パルパティーンのブレなさは救いそのものでした。自分が求められているもの以上の凶悪さでした。前作のルークは本当になんだったんでしょうね...

 

 

ほんとは怒涛のタルコフスキー作品連発というのも計画してたんですが、思考能力が急速に低下してきたのでここまでにしておきます。あと最後の最後でベルイマンの「野いちご」に衝撃を受けたのですがこちらもそのうちということで(そして永遠に書かない)。来年もたくさん見れるといいなあ。

追記:ブログの総アクセス数が今年中に10000行けばいいなあと思ってたんですけど8000いくつで終了と相成りました。まあ頑張った方でしょ。来年も適当にやります。

2020年もどうぞよろしくです。