らなる堂

音楽

ゾンビは階段を登れない

いかがお過ごしでしょうか。

3連休はとことん怠けました。

本日は特撮大好きおじさんとしても有名なAMTの河端一先生のブログを読んでたらもう1日が終わりそうです。

昨日は山本英夫先生の「ホムンクルス」を再読してたら1日が終わってました。

一昨日にいたってはもうなにも思い出せません。

ずっと家に引きこもっていたもので、目の疲れだけは日に日に蓄積されている気がします。

忙殺されかけた一月もいつのまにか終わりました。自分のコミュ力の限界を思い知った日もありました。追い込まれた挙句に口走った言葉が「今日の楽しみは23時に寝れることだあ〜」でしたのでどんだけ追い詰められていたのかは容易に想像できるかと思います。八割方自分で蒔いた種なんですけど。

まだまだやることが待ち構えている二月でございますが、先週は風邪をひいて喉の痛みに苦しみ、それが治ったとおもったら今度はひどいドライアイに悩まされ、現在はしもやけによる指先の痛みに苦しんでおります。体の二カ所以上が病んでるともうこれ以上生きてけない気がしますね。

 

ミツメの5thがかなり良さそうなんで買おうか迷ってます。どっちみちSpotifyにも挙がるんだろうけど、Spotifyもいつ止めるかわからないし、何より所有欲を満たしたいというのがあります。特典あったら絶対買う。

 

 

また暇があったら更新していこうと思います。

 

 

www.ele-king.net

もう六年前のインタビュー記事ですが、とてつもなく面白いです。

えれきんぐというサイトは、音盤レビューでは、隙あらば書き手の政治的思想を挟み込ませたり、インタビューとあれば、相手のアーティストにあからさまに政治的な言葉を語らせようとしている記事がたまにあって、そういうの抜きでもうちょっと音楽を語れんのかいなと辟易する時もあったんですけど、この河端先生のインタビューはそういった流れに反しているような内容で非常に面白いです。もちろんインタビューの方が全然そういう話振ろうとしてないのもあります。

たとえば反原発とかでも、俺も意見はあるよ。でも音楽を手段に使うなと俺は言いたい。」(5ページ目)

別に件のグラミー賞のPVに反目するつもりはないです。わたくしとしてはもし手段に使うんならあのPVくらいの覚悟が必要だと思ってます。

 

えれきんぐの文句を垂れてしまいましたが、末期のクッ◯ーシーンに比べればよっぽど質の高い記事が多いです。こないだのマーク・スチュワートのインタビューはちょっとアレだったんですけど...まあ、あのおじさんはそういうの抜きでは語れないからね、しょうがないね。

 

 

 

そういえばクッ◯ーシーンはなんであんなんなってしまったんでしょうね...昔はいろんな人がレビュー書いてて面白かったんですけど、どんどんレビュアーさんが減ってって、最終的には質の低い天声人語みたいになってました。

一難去って

体調崩しそうな生活してたら体調崩しました。

 

 

vimeo.com

Youtubeにはあたかも死体探しが目的のような趣旨で紹介して転載してる動画がありますが、死体探しが目的の動画ではありません。カメラが捉えているのはリアルな‘死の痕跡’です(死体の写真もちょっと写ってますけど)。

「いいこと考えてください」という言葉は、十年前にこの動画を見てからずっと心に残っています。

 

私はまだ死にません。

 

 

 

youtu.be

たのしい

 

youtu.be

 

ライブ版の方がキーを変えてるせいか柔らかな印象を受けます。アルバム版のクールな感じも好きです。

還暦過ぎてもうすぐ70も近いというのにこのおじさんのアクティブさには驚くばかりです。裸足でパフォーマンスしようなんていうアーティストが他にいるでしょうか。

ある朝起きたらオレ 女子高生になってた おっさんが少女に おっさんが少女に

明けましておめでとうございま〜す(ダウナー)

5つくらい課題の山がありまして、ようやく4つ乗り越えたところなんですが残りのもう一つに全く手がつかない。締め切りまで一週間切ってるんですけど全くやる気がでない。意味をほとんど為してない文章が頭から噴水のごとく湧き出る時もあれば完全に枯渇してる時もあります。もう寝ようと思います。

 

晦日あたりに期限が切れるPaypal使用限定のクーポンを使いたかったんで、Paypal支払いが使えるHMVのオンラインショップにてミツメのアルバムを注文したんですけど、

 

来ない。

 

一ヶ月経っても来ない。

 

クーポンの説明文には「不具合が報告されてるのでHMVでは使わないでください」って書いてあったんで自己責任なんですけど、支払いページにはクーポンもちゃんと表示されてたので大丈夫そうだったんですけどね〜おかしいですね〜

 

すでに前途多難ですが、これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

零進五退

・やることは山のようにあるんですが一切進んでおりません。毎朝起きるたびに「やることリスト」が頭の中で組みあがりますが、12時間後にはすっかりやる気をなくして明日やればいいやモードです。明日で2018年終わっちゃうぞぉ〜ええんかぁ〜

今日もね...やろうとしたんですけどね...ちょっとコーヒー飲みすぎちゃって頭働かないんだよねえ...また明日やればええか(無間地獄)

はてなブログくんが「1年前のブログを振り返ろう」とかいう去年わしがうだうだ書いてたブログ記事のリングが貼ってあるメールを出してきやがりました。ちょっと読んじゃったんですけど完全に病んでますねクォレハ 今思えばどこにも救いがない状態でした。

...ウソです。誰にも助けてと言ってなかっただけです。自分で自分の首を絞めてたわけですね。

今年はだいぶマシでしたね〜ちょっと11月あたり危なかった気もしましたが、明るく悶々とした生活を送れたと思います。たぶん来年の今頃はまた病み始めてると思うんでそんときは気をつけてください。

・おかげさまで累計3800アクセスです。今年中に4000アクセスいくかな〜と甘い見込みをたててましたが、このブログにそこまでのコンテンツ力とか求心力はないんでしょうがないね。でもまあ一月で100アクセスくらいは稼げるようになったんでよかったです。8割方誤アクセスだったり瞬時にブラウザバックされた結果であっても嬉しいです。こんなブログだれも継続して見てる人なんていないと思うんで今後も好き勝手やっていこうと思います。好き勝手やりすぎた結果、中年男性特有のねっとりとした文体でもって偉そうに音楽や政治を語るようなブログにだけはならないようにしたいと思います。

わしのブログに偽ウイルス表示がやたら出るのは偽セキュリティ警告サイトの怪しい日本語を勝手にサンプリングした曲を作った因果ですね。

アフィリエイトは入れません。間違ってめ◯ゃコミの広告なんて入ろうもんなら、三角コーナーの生ゴミにも似たクッソ汚いおやじやらナニの形をした飛行機やら100万回殺しても足りないくらい憎たらしいエスパーキモデブ野郎の絵が飛び交うこととなります。なので、成人漫画家の皆様は中年おやじやキモオタの絵に力を入れすぎないでほしいです。...そうじゃなくて、今後もアマゾンアフィリエイトも含めて広告は貼らないです。ホントは貼り方知らないだけなんですけどね。

目標は「おやすみ君日記」のようなコンスタントでスマートなブログです。

・そういえば結局、Bitch...PitchforkくんはSuedeの今年の新譜"The Blue Hour"についてレビューしませんでした。Pitchforkくんは別にSuedeのことは嫌いじゃないと思うんでなんで書かなかったのかナゾですが、わしの今年の2018のベスト新譜は"The Blue Hour"か、Unknown Mortal Orchestraの"Sex&Food"です。

Suedeについてはこの一枚でだいぶ認識が変わりました。内省性が魅力であったはずの彼らの今の音楽からは広く荒涼とした大地が見えてきます。彼らはもうナイトクラブにはいません。果てしない荒地、降り注ぐ爆弾の雨の内にいるんです。なんだこのスケール感は...!!と驚愕しました。ギターのリフが狂おしく美しい。Mogwaiの轟音よりも遥かに雄弁です。行き場を無くした人、愛されない者たちの絶望と鳥の礫死体にまで注がれる深い慈しみで満ちています。もうこれをロックというのかどうかはわかりませんが、Suedeに偏見がある人はぜひ。

・年越す前に一つくらいまともな曲あげようと思ったんですけど今日はもうギターでコード弾いてるだけのデモつくったら疲れました。無言不実行。

・来年もよろしくお願いします。

バイトやめました。#2

(おわび:2018年12月22日現在のジャック・ホワイト氏はもうデブじゃありませんでした。大変申し訳ありませんでした。)

 

引き続きプレイリストの話を。

 

6, 平沢進 - 救済の技法

open.spotify.com

氏の世界観に触れるにはうってつけのアルバムです。なぜならわたくしがそうだったから。とはいってもSpotifyで聴ける氏のオリジナルアルバムはこれと"SIREN"だけですが(なんかこないだ"時空の水"とか"サイエンスの幽霊"とか聴けたんですけどまた聴けなくなっちゃったみたい)。現在の氏はますますハードコアになってますが、この頃はまだ東南アジアからの影響がかなり色濃かった時期のはず。でも"Sim City"ほどの傾倒ではなく、当時の氏の真骨頂であった壮大なシンフォニシティとバランスよく融合した音楽となっています。個人的には代表曲"庭師KING"、"MOTHER"をよく聞いた覚えがあるんですけど、ランクインしてたのは"MOON TIME"でした。これもすごく良い曲なんですよもちろん。柔らかなクラシックギターソロとハイC#の歌声が響きわたる名曲です。

 

7, ミツメ - エスパー

open.spotify.com

これはシングルですね...もう発売してから一年経ったそうです。彼らの曲のうちではかなりポップな方です。しかし1stアルバム"MITSUME"収録の"クラゲ"、"三角定規"と聞き比べると、アレンジの差は歴然としています。当たり前か。2nd以降からはミニマルなアプローチが多く、至近のアルバムでは音の隙間を生かした曲が多かっただけに、だいぶ直球で派手(?)な曲ですが、シンセの使い方は結構遊びが入ってますし、ドラムからはただの8ビートなんて絶対に叩かないという意思を感じます。ライブでは最後のシンセがどっと入ってくるところが歪みギターに変わったアレンジになっててこちらも良いですね。今年はミツメの年でもありました。ハマりすぎて、この曲じゃありませんが、これまた良い曲の"セダン"を無理を通してカバーしました。ギターのMさんとベースのMさんには今後もご迷惑をおかけしそうです。先に謝っておきます。ほんっまもうすんません(板東英二風に)

 

8, Lamp - ゆめ

open.spotify.com

今年のベストライブ対象はLampです。なぜかというと今年のライブはLampしか行ってないからです。新譜ももちろん良かったんですけど(Spotifyで聴けます)、やはりこのアルバムが現時点で最高傑作なのでは。最高傑作すぎてCD買っちゃいました。サインももらっちゃいました。何度聞いてもこんな甘いメロディーを書ければいいと思いますし、こうやって甘い歌声で歌えたらと思います。次作ではかなり削られてしまうアレンジの絶妙さも素晴らしい。3曲目の"ため息の行方"は北園みなみ(当時)氏のモダンなオケのアレンジが美しい。過剰な甘さがないのは歌詞のおかげですかね。そういえばこの曲は作曲者である永井さんではなく別の男性ボーカリストの方が歌っております。ある意味でゆらゆら帝国とかスティーリー・ダンを彷彿とさせる、バンドの解体にも近いことすらもやってのけられた(次作では逆に3人の個性が重視されてる気がします)。ランクインした"渚アラモード"はタイトなリズムがクセになります。シンセがちょっとYMOの"Simoon"みたい。そして最後の曲には"さち子"が。染谷さんの作曲は神がかっております。これまでの曲の音作りを考えるとややチープとも言えるようなストリングスシンセを用いていながら、それが最適解であったことがまた面白い。初めて聞いた心地に何度でも戻りたいと思えるようなアルバム。彼らには、キリンジが成せなかった、終わることのない自分たちの音楽の追求を続けていってほしいです。

 

8, Drugdealer - The End of Comedy

open.spotify.com

このアルバムについてはあんまり語ることはないですね...他の曲にはMild High Clubが参加しててヘロヘロな曲が多いんですが、スカスカな録音の曲が多くて過剰に脱力してしまうこともあり全曲はちゃんと聞いてないというのが正直なところです。全曲"Suddenly"みたいな曲を期待すると肩透かしを喰らいます。ノリノリな曲よりヘロヘロな曲が多い。ただLo-Fiのくくりによくある勢いだけの曲は一つもないのでご安心を。

...あとはピッチフォークくんが良いレビューをつけてるんでそっちをご参照ください

 

9, Mac Demarco - 2

open.spotify.com

楽しくてユーモアのある曲を書ける人はだいたい大成してる印象があります。ソイソース音楽期の細野晴臣先生なんてそうですね。というか細野先生のバックグラウンドである60〜70年代アメリカ音楽は楽しい曲ばかりです。そういうバックグラウンドを引き継いでる稀有な男がマック・デマルコであります。ぶっといディストーションをかけることもなく、線の細い音のギターをかき鳴らして自分の好きなタバコの銘柄について歌ったりしてるわけです。"My Kind of Woman"、"Still Together"といったしっとりとした曲もお手の物。アルバム一枚さらっと聞けるのは、収録時間が短いこともありますが、彼自身に「ブルースをやらなきゃ(使命感)」とか「今日は昔のディキシーランドジャズをしよう(提案)」みたいな昔の伝統を引き継ぐ的な気負いがなく、あくまでロックンロールをやるというユルさがあるからでしょう。あとは全楽器自分で演奏していながらあんまり内省的になってないとことか。ある意味で大瀧詠一の再来かもしれません。夕暮れに合いますのでぜひ。

ついでにいうとこの時期のライブ映像は全部楽しそう。気の合う仲間たちとニコニコしながら演奏してる姿を見るとこちらも元気が出てきますねえ

 

10, Martin Courtney  - Many Moons

open.spotify.com

Real Estateのフロントマン。うちの先輩に面影が似てる。"Vestiges"に見られるようなメジャーセブンスを多用したコード進行が曲に影を帯びさせ、深みを与えています。歌が終わった後のアウトロまでしっかり聴かせるアレンジも良いです。ギターソロは絶対にしない鋼の意志が見えます。本業バンドのようにリフが少しずつ変容していく巧妙さはありませんが、そのぶんフォーク愛とメロディーの良さが素直に伝わってきます。それにしてもこの人と同じくらい抜けの良い歌声なのはサム・プレコップくらいしか思いつきません。また初夏あたりに聴くこととなるでしょう。ジャケットのイメージ通りの音楽です。

バイトやめました。

バイトの話は以上です。

 

 

今年はSpotifyの有料会員となりまして、まあ結構音楽漬けな年になったと思います。

 

Spotifyくんはいろいろとお節介な機能が付いておりまして、12月になった頃に"My トップソング 2018"なんてプレイリストを作ってきてくださりやがりました。

...案の定だいたい同じ曲しか聞いてないことがわかりました。

ということで、上から順に再生数上位曲...の収録アルバムの雑感を。

 

1, Mild High Club - Skiptracing

open.spotify.com

隙あらばこのアルバムを流してましたね。背景にはビーチ・ボーイズイーグルススティーリー・ダンなどなどが見えますが、Mild High Club特有の脱力アレンジと脱力ボーカルによって彼らの影もあっっという間にぼやけていきます。ほぼ一人でこの音楽作ってるのはびっくり。前作よりもアレンジの幅が広がり、特にコーラスとフェーザーエフェクトがサイケ感を色濃くしています。"Chapel Perilous"における"星に願いを"の引用が素敵。疲れた心と体にぜひ。沁みます。

 

2, けもの - めたもるシティ

open.spotify.com

青羊さんのボーカルが発見できたのは大きな収穫でした。UAを冷ましたような声がよい。

まあこのアルバムはお察しのとおり菊地成孔大明神がプリデュースされておられるからです。一番聞いたのは"第六感コンピューター"。お察しのとおり菊地成孔大明神が洗練されたディスコサウンドの上で青羊さんと歌っておられる。キーボードがセンスいいなあ〜と思っていたらやっぱり菊地大明神のダチである坪口昌恭先生だった。サブカル感がやや強い歌詞が平気ならあなたにとっての名作シティポップとなることでしょう。

あとは"River"が良いです。"めたもるシティ"は聴きすぎてやや食傷気味。"フィッシュ京子ちゃんのテーマ"はまあお遊びとして受け取りましょう。わしは"フィッシュ京子ちゃん"で検索してちょっと腹が立った思い出があるので。

 

3, 椎名林檎 - 逆輸入

open.spotify.com

2~3月は死にかけてまして、"人生は夢だらけ"、"おいしい季節"、この2曲ばかり狂ったように聞いてました。"おいしい季節"は聞いた回数ベスト3位に食い込んでおります。ハマりすぎてカラオケで歌うほどでした。転調してから浮雲の狂気のギターが鳴り渡るところなんて落涙モノです。年を召されて切れ味がなくなったと言われる林檎先生ですが、作曲においては止まるところを知りませんね。

とか言っときながらアルバム全部の曲はちゃんと聞いてないです...進むにつれて地味になってく曲順は再考の余地があったのでは......

 

4, Jerry Paper - Toon Time Raw!

open.spotify.com

Jerry Paperは今年1番の驚きでした。このアルバムも進むにつれ曲が地味になってくきらいがありますが、"Ginger & Ruth"、"Zoom Out"だけでも聴く価値があります。こんなにキャラの濃い男をわたくしが放っとけるわけがありません。前作まではシンセ&打ち込みが主体でしたが、今作はバンドを導入、より躍動的なグルーヴとなり変態度も上昇した感じがあります。知らない世界に連れていってくれること間違いナシ。

youtu.be

キーボードとベースの謎美女二人が本当に謎なライブ。

 

5, Unknown Mortal Orchestra - Sex&Food

open.spotify.com

このアルバムからはスティービーワンダーあたりの80's ソウルの香りを感じます。前作のカオティックさは後退してだいぶすっきりとしたポップ曲が多い。しかしフロントマンのルバン(ルベン?)おじさん特有の鋭角ギターは顕在です。油断すると"American Guilt"でガツンとやられる。このアルバムの目玉曲はやはり"Hunnybee"です。ストリングスとルバンおじさんの歌声が不安を煽るメロウ曲。なんとなくヌルリとした印象を与えるのはルバンおじさんがよくあるカッティング重視のリズムギターを一切弾いてないからです。UMOは作曲やアレンジにおいてもなるべくポップなアプローチを避けてきた印象ですが、今作はだいぶ開きなおった感じがあります。しかし自分たちの持ち味は失われていない。まあ"Not in Love We're Just High"なんて謎曲もありますが、これこそまさにスティービー・ワンダーのUMO解釈なのかも。

それと、ついにルバンおじさんのご兄弟のKodyが正式に加入したようです。Kodyはルバンおじさんと一緒にやってたUMOの前のバンドであるThe Mint Chicksが解散した後、兄弟間で不仲になってたそうですけど、たびたびUMOの録音に参加されており、今作からいよいよライブにも参加しているようです。ご両人とも「兄弟で一緒に演奏できることに非常に興奮している(サンドウィッチマン)」みたいなことをおっしゃられててよかったです。

そういえばなんか調べてたらジャック・ホワイトに有能キーボーディストを取られたとか書いてありました。なにしてくれとんねんあのデブは。

 

続きは次回。

Desaparecidos - Golden Parachutes, 音楽と政治?

youtu.be

 

Services that don't exist
Swapping the derivatives
When you're betting on both red and black
It's dealer's choice the deck is always stacked

Now he runs the company
Cable news celebrity
They put him on the front of Forbes
He parades the bull like he's a matador

It’s a frat house full of silver spoons
Watching pornography of busts and booms
It’s a locker room of CEOs
Telling dirty jokes

They're all betting men who never lose
And float away on golden parachutes
It’s a bonus not a shake down
And they're worth every penny
in my bank account

Now that you're too big to fail
You'll never have to go to jail
When you own it you can rob the bank
A bloated Dillinger a spray-tanned Jesse James

It’s a frat house full of silver spoons
Watching pornography of busts and booms
It’s a locker room of CFOs
Telling racist jokes

They're all betting men who never lose
And float away on golden parachutes
And if Main Street wants a hand out
In their underwater houses let them drown

 

存在しないサービス

デリバティブの交換

お前が赤と黒の両方にかけたなら

それがディーラーの選択、デッキはいつも山積み

 

今、彼は会社へ急ぐ

ケーブルニュースのセレブ達が

彼をフォーブスの表紙に載せる

彼は買いっぷりを誇ってる、まるで闘牛士のように

 

それは銀の匙でいっぱいの友愛会館

デカパイとデカケツのポルノを見てる

それはCEOの更衣室

下品なジョークを言い合ってる

 

奴らは全てを負け知らずの男に賭け

黄金のパラシュートで逃げ去る

それがボーナスだ、強請りじゃない

奴らにはそれだけの価値がある

俺の預金残高くらいの

 

お前は今や大きすぎて潰せない

お前は刑務所に行く心配なんていらない

もしそれが手に入れば銀行強盗だってできる

太ったデリンジャー、日焼けしたジェシー・ジェイムズ

 

それは銀の匙でいっぱいの友愛会館

デカパイとデカケツのポルノを見てる

それはCFOの更衣室

差別的なジョークを言い合ってる

 

奴らは全てを負け知らずの男に賭け

黄金のパラシュートで逃げ去る

もしメインストリートの連中が

ビラを水中の家から求めるなら

そいつらを溺死させちまえ

 

Desaparecidos です。

イントロの\ハイ/がいいですね。非常に激情的な歌唱。

彼らの音楽はかなり政治性を帯びています。でも英語だからよくわかりませーんという感じで普通のエモとかハードコアのくくりで聴けてしまう。それじゃあかんねん。

この曲にはかなりダブルミーニングが含まれていそう。

"Bull"なんてのは雄牛のことですが、株式業界では相場が上がって買い手が活気付く様を表していたり、"hand out"(名詞ならhandoutと表記されるらしいですがよくわからん)はチラシとかビラのほかにも、施しやらお恵みの意味があるそうです。

 

"And they're worth every penny in my bank account"という一節ですけど、"my bank account"がすっからかんだったら何の価値もないということですね。たぶん...

 

題名の"Golden Parachutes"も含めて経済用語みたいなのが多い。"you're too big to fail"という一文ですら経済用語みたいです。"Golden Parachutes"の大意は...まあ天下りみたいなもんですかね。ちょっと違うか。

 

---------------------------こっからプラウザバック推奨----------------------------------------

 

 

日本の音楽だと、ちょっとでも直球な政治的ワードが入ってくるとわしは忌避してしまいます。でも外国の音楽ならいくらでもOK。

自分でも非常によくないことだと思います。要は他人事だからただの音楽として聞けるわけです。

メッセージがないとつくれない音楽があります。しかし、音楽の受信者であるわたしにそのメッセージは全て聞き取るということはできません。というか、そういうつもりがあんまりないです。あくまでメッセージから醸し出されたエネルギーやら感情的なサムシングにしか興味がない。メッセージそのものはたいがいどうでもよくなってしまう。

 

失われたメッセージはライナーノーツとかインタビュー文で、製作者自身の言葉から補う時もあります。音楽にそうしたメッセージが再び付加した時、より音楽が輝いて見えることもあるし、自分の思ったことと違っていて疑問がつきまとうこともあります。

 

わしにはまだ理解できないノイズ音楽家の一人にメルツバウとして有名な秋田昌美おじさんがいますが、おじさんはヴィーガンとして有名です。同時に動物大好きおじさんでもある。おじさんは機材のパワーブックに"Meat is Murder"というステッカーを張っていらっしゃるほどの筋金入りのヴィーカンだが、「自身の音楽にヴィーガン的思想が投影されている時もあるが、別に聞き手がそれを読み取る必要はない(うろ覚えです)」的なことをおっしゃられていた。今はもう考えが変わっていらっしゃるかもしれないけど、受信者にとっての音楽の自由度は重んじられている方なんだと関心しました。

いや、おじさんの音楽は好き好んで聴くにはまだ修行が足りないのだけど。

 

そういえばモリッシーおじさんも"Meat is Murder"と歌っていらっしゃる。それは英語で"Meat is Murder"と歌ってるから楽しんで聞けるのであって、"食肉は~殺人だ~♪"とあの美声でもって日本語で歌われたら、わたくしは聴いてないと思います。

 

少なくとも、わたくしは受信者に対して自由な音楽が好きです。

それは洋楽であれば、言語的な問題からその条件を満たすし、邦楽であってもそういった条件を満たす音楽はたくさんあります。とりわけ暗示に満ちたものであればなおさら好きになります。

 

で、なんでDesaparecidosのこの曲をガバガバ邦訳したかというと、たしか日本版が出てなかったということ、そして英語がぱっと見難しくなさそうだったからです。

別に小難しい話をするつもりはありませんでした。すんません。

 

次回は3.11と音楽の関係について今更振り返りたいと思ってます。

 

 

...絶対無理だ。